精神疾患(特にパニック障害のような神経症と分類される疾患)は、

3つの面からアプローチしていくことが最も良いとされております。


1身体の面(身体の不調や薬の調整など)のサポートを医師に。
2こころの面(話を聞いてもらったり、薬以外の回復法など)をカウンセラーに。
3生活の面でのサポートを家族や周りの人に。

もちろんしっかりと向き合ってくれる自分に合った医師やカウンセラーを見つけるのが大切です。